こころと身体のマリアージュ ~量子場調整・量子場観察術講座@名古屋~

名古屋で量子場調整・量子場観察術を行っている量子場調整師です。

無垢で儚い、そして美しい魂。

SNSの投稿で、

友人宅の愛犬君が亡くなった事を知りました。

 

毎月遊びに行くたびに小鹿のように駆け回り

あん!あん!あん!!(キャンキャン、ではなく)

と吠えられるのですが

とにかく無邪気で可愛くて可愛くて、

友人に会うのと同時に、彼に会うことも楽しみの一つでした。

 

先月、今月は忙しく行けなかったので

4月にまた遊びに行こうと思っていた矢先のことでした。

 

1月はまだ元気だったので

まさかそんな早くに虹の向こうへ行ってしまうとは思いもよらなくて・・・。

 

 

 

 

先週実家に帰省した際、

うちのシベリアンハスキー君がとても老いてしまったことに気付き

言葉に表せない寂しさが込み上げてきました。

f:id:floraisony:20180322090755j:plain

私が実家を離れてからやって来た子なので

一緒に過ごしたことはなく

でも帰るたびに無邪気に絡んでくるその様子や

「おなか撫でて!!」と催促する姿は

大型犬なのにまるで人間の3歳児くらいのよう。

 

みんなでご飯を食べていると

いつも寂しがって鳴いていたのに

去年あたりからはそんな風に鳴くことも無くなって。

今回帰省すると、どうやら後ろ足を痛めているらしく

起き上がってじゃれつく事も出来ない状態で

12歳の彼はずいぶん年老いてしまった様子でした。

 

量子場調整師の私にできる事と言えば

彼の波動を観て、歪みを消すことくらい。

少しでも楽になる様にと、イメージしながら。

 

人間よりもずっとずっと短く、駆け足で生きる命。

人間のように図る事も、騙すことも、虚栄もなく

ただただ純粋で無垢な心のまま生きる彼ら。

 

また今度、と思っている内に

あっと言う間にその役目を終えて旅立ってしまう彼らだから

会えるうちにまた、ちょくちょく実家に帰らなきゃと思いました。

 

 

命の長さで言うと人間は確かに彼らよりもずいぶん長いけれど

「またその内」と思っている内に、会えなくなる人も多い。

それは転勤だったり、事故だったり、病気だったり。

いつまでも同じ場所にいる、と思っていても

その人の生きる道には、何が起こるか分からないもの。

 

 

誰かに会いたいな、

元気かな、

メールしようかな、

と思ったら、迷わず連絡してみましょう。

きっとその人も、あなたのことを思っているから。