こころと身体のマリアージュ ~潜在意識を育てて人生を開花させる方法~

名古屋で量子場調整・量子場観察術を行っている量子場調整師です。

おばさん!おばさん!と自分に言い続けているとどうなるか。

昨日、以前とてもお世話になった40代後半の女性と

1年半ぶりくらいに会い、飲みに行った。

手術をされ、その後は順調で、今は元気に仕事をしていると伺い

顔色も以前よりずいぶんよくなり、うれしく思った。

 

その中で、ちょっと気になったことが。

 

会話の中で何度も、彼女は自分のことを

「私はおばさんだから・・・・」

「本当におばさんになっちゃったわ・・・・」

「ヤダ、この写真!本当におばさんだわ!!」

と、何度も言うのだ。

 

自分自身のことを、自分で呪いをかけるように

「おばさん、おばさん・・・・・」と言い続けている。

 

人の意識は、メガネやカメラのフィルターのようなもので

たとえば

「私はおばさんメガネ」をかけて自分や世界を見れば

そのように見えてくる。

そうして見続けている内に、身体の状態や機能は

見ている通りに適応して変化(おばさん化)していく。

 

40代後半だからおばさん なのではなく

「私はおばさんである」 と言う意識をもって自己を観察しているから

現実として「おばさん」になるのだ。

f:id:floraisony:20180115100357j:plain

私の周りには、年齢不詳の美しい50代女性が何人もいる。

彼女たちは自分を「私はおばさんである」なんて

微塵も思っていないのだろう。

 

 

プラシーボ効果は、良く知られている言葉だと思う。

肯定的な思考によって、健康になる現象だ。

偽薬を本物の薬と信じて飲むと、

本来はそのような効能などないにも関わらず

最初に信じた効能が、身体の変化として現実に現れる。

 

その逆で、「ノーシーボ効果」と言う言葉もある。

否定的思考によって、健康を損なう現象だ。

 

心から信じたことが、現実になっていく。

人の思考や意識は、それほどまで身体に影響を与えるものなのだ。

 

 

ある会社の代表の言葉で、とても好きな言葉がある。

「自分の年齢は、自分で決める」

f:id:floraisony:20180115100809j:plain

私は毎日鏡に向かって「今日も私は30歳♪」と言っている。

実際は40代になって数年経過したが、そんなことはどうでも良い(笑)

 

 

あなたは、自分の年齢を何歳に設定しますか?